親の土地に子供が家を建てる場合は贈与にあたるのか?

住宅購入のご相談時に、こういうご質問がありました。

「父親名義の土地に家を建てるのだけど、これって贈与になるの?」

答えは”贈与にはならない”です。

通常、借地権を設定する場合、借主から貸主に一時金と地代が支払われます。
一時金は権利金などの名目であることが多いです。
貸主は、地代や一時金を不動産所得として申告します。

しかし、親子間で地代や一時金をやり取りすることはまずありません。
無償にて貸与していることが大半を占めるでしょう。

この場合、親子間の土地の使用貸借となり、贈与とはみなされません。

贈与税は課せられませんが、将来、親が無くなったときにはその土地は相続税の課税対象となります。

相続税の課税がされる場合、土地の評価は貸地としての評価ではなく、自用地としての評価になります。

つまり、親が子供に土地を使用貸借し家を建てさせた場合、貸地であっても相続税評価は下がらないということになります。
相続税の節税にはならないことには注意が必要です。

住宅購入・住宅ローンに関するご相談

面談による相談 90分 5,000円

ご相談のお申込み、お問い合わせは 
TEL:078-332-0780

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所
ファイナンシャルプランナー 菊池まで

関連記事

  1. 不動産業者の仲介手数料はいくら?仲介手数料の計算方法

  2. 平成29年1月フラット35借入金利

  3. 安く土地を手に入れるには?

  4. 知っておきたい不動産の知識 平米(㎡)と坪の変換方法

  5. 平成28年12月フラット35借入金利

  6. 平成28年11月フラット35借入金利

  7. 土地を購入する前に参考になるサイト

  8. 路地状敷地の物件購入時に確認すべき点