土地を購入する前に参考になるサイト

土地、中古住宅、分譲住宅等の購入時には、その土地にどのようなリスクがあるのかを確認しなければなりません。

現在、国や地方自治体は、災害についての情報提供をインターネットでも行っており、多くの地方自治体がインターネット上で、誰でもハザードマップを確認できるように整備しています。

土地や住宅の購入を検討する際、以下にご紹介するサイトで地形や災害リスクを確認してみてください。
もし過去に大きな災害が起こっていたのであれば、購入を見合わせるべきでしょう。

当事務所の住宅購入相談においては、これらの地図を見ながら、災害リスクについてもお話しさせていただきます。

ご相談申込み、お問い合わせはこちらのページをご覧ください。
住宅購入・住宅ローンのご相談』 

土地の価値とハザードマップ

ハザードマップがネット上に公開され、誰もが過去の災害履歴やリスクを知ることができるようになりました。
そのため、誰もが災害リスクのある土地を避けることになります。
結果的に、災害リスクの高い土地の資産価値が下落します。
需要が少なくなれば、その分だけ価値は下落するのは当然のことです。
将来的な資産価値の下落も想定し、購入価格を低く抑えるべく、値段交渉をすることも必要になります。

ハザードマップ

活断層マップ

地形図

関連記事

  1. 平成28年11月フラット35借入金利

  2. 安く土地を手に入れるには?

  3. 住宅ローンを変動金利で借りる人が知っておくべきこと

  4. 平成29年1月フラット35借入金利

  5. 路地状敷地の物件購入時に確認すべき点

  6. 親の土地に子供が家を建てる場合は贈与にあたるのか?

  7. 不動産業者の仲介手数料はいくら?仲介手数料の計算方法

  8. 知っておきたい不動産の知識 平米(㎡)と坪の変換方法