知っておきたい不動産の知識 平米(㎡)と坪の変換方法

坪と平米(㎡)の使い方

土地、家屋の購入する際、不動産業者や建設業者との会話に、坪や平米(㎡)という広さの単位が出てきます。
あまりなじみのない方には、坪で言われても、いまひとつ広さを理解できないのではないでしょうか?
人によっては平米(㎡)の方がわかりやすいかもしれません。

プロである不動産業や建設業の世界では、広さを表記する際には、坪と平米(㎡)を併記しています。

坪と平米(㎡)の使い分け方は特に決まっていないようですが、土地には坪を使用することが多く、マンションなど家屋の広さには平米(㎡)を使用することが多いようです。

坪と平米(㎡)の計算方法

坪と平米(㎡)と併用するのに不可欠なのが、変換するための計算方法です。

平米(㎡)で表示された面積を坪になおすにはどう計算すればよいのか?

一般的には、1坪は3.3㎡と言われています。
正確には、3.30578㎡ですが。

しかし、プロの世界では、1㎡=0.3025坪として計算します。

100㎡は、100×0.3025=30.25坪
100坪は、100÷0.3025=330.5785㎡

という計算になります。

別に、
100㎡は、100÷3.30578=30.25坪
100坪は、100×3.30578=330.578㎡

でも答えはほぼ一緒なのですが、桁数を考えると、0.3025を使った方が計算しやすいかと思います。
また、この2つの計算方法によって、ほんの少しだけ数値に誤差が生じます。

通常、0.3025という数値をを使って計算する方法が一般的です。

関連記事

  1. 土地を購入する前に参考になるサイト

  2. 平成28年11月フラット35借入金利

  3. 平成29年1月フラット35借入金利

  4. 平成28年12月フラット35借入金利

  5. 親の土地に子供が家を建てる場合は贈与にあたるのか?

  6. 路地状敷地の物件購入時に確認すべき点

  7. 住宅ローンを変動金利で借りる人が知っておくべきこと

  8. 安く土地を手に入れるには?