不動産取引で失敗しないために

あなたが、戸建住宅、マンションなどの不動産を購入する時、購入する不動産に欠陥は無いか、とても不安になるかと思います。
自らいろいろ調べたりもすることでしょう。
しかし、初めて不動産取引を経験する方が多く、わからないことが多くて戸惑うこともあるでしょう。

不動産トラブルでは大きな金銭的な負担と苦痛が伴うものです。
そんな経験はしたくはありませんよね。
不動産トラブルに巻き込まれないためには、売買対象となる不動産のことをよく知ることが大事です。
そのために、不動産業者からの重要事項説明はよく聞いて、納得のいくまで説明をしてもらいましょう。

重要事項説明とは?

不動産取引において、宅地建物取引業者が、契約締結前までに購入者及び借主となる方に対し行う、対象物件に関する重要な内容の説明のことです。
宅地建物取引業法第35条により、説明すべき項目と書面を交付して説明をすることが定められています。交付される書面が「重要事項説明書」と言います。
契約までに必ず重要事項説明書を交付して説明を行い、内容を理解し、納得してから契約を行うということになります。

当事務所では、重要事項説明書や契約書のチェックも行っております。
事前に案文を取得し、その内容をチェックして質問すべきことがあればその内容を指摘します。
面談相談の際にご持参いただければ対応致します。

関連記事

  1. 重要事項説明書の案文は事前に取得する(重要事項説明に関する注意点 1)…

相談予約状況

2019年8月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

カテゴリー