貯金が無い人は不動産投資をしてはいけない理由

一時期の不動産投資ブームは、不動産会社や金融機関の不祥事等が発覚したことで融資が付きにくくなり、沈静化したと言えます。
しかし、一定の所得がある方を対象に、東京のワンルームマンション投資など、いまだに不動産投資の営業は活発に行われています。

私のところには、不動産投資を始めようと考えた方が、多く相談に来られます。
相談者とお話していると、不動産投資営業のいくつかのセールストークに心動かされて興味を持った方が多く、きっかけは受動的なものです。営業のセールストークのなかでも、強力なワードが、「自己資金0円で不動産投資が始められますよ」です。購入にかかる諸費用も含め、すべてを借入金で支払えると言うのです。

はっきり言うと、お金を貯めることができない人は不動産投資には向いていません
貯金が無い人は、不動産投資をするべきではありません。

不動産投資を始めるのであれば、最低でも300万円ほどはお金を貯めておくべきです。不動産取引の諸費用のほか、購入後のコストに備えるためです。購入後のコストとは、設備の故障による修理対応、入居者の退去によるリフォームや募集費用です。

やりくりが下手で、お金をあるだけ使ってしまい、貯えることができない人は、運用益を貯えることができません。投資物件を購入しても、お金は増えないでしょう。
投資とは、運用益をさらに運用し、複利効果で資産を膨らませていくことです。運用益を使うのは、さらなる投資のためだけです。

不動産は、老朽化や陳腐化を再投資によって防ぐ必要があるため、ランニングコストが多く必要になります。再投資に備え、運用益を蓄えておかなければなりません。これができない人は、必ず不動産投資に失敗します。

ワンルームマンションへの投資の場合、購入時に自己資金を出さないのであれば、ほとんど運用益は出ません。節税効果等で給与収入の手残りが多くなったのであれば、それを貯えるしかありません。結局、給与収入からやりくりできるかどうかになります。まずは、不動産投資より前に、貯蓄できるようにしましょう。投資はその次です。

関連記事

  1. TATERU連日のストップ安

  2. TATERUの預金残高偽造について思うこと

  3. パナソニックが茨木工場を大和ハウスに売却か!?

相談予約状況

2021年9月
     
1
×
2
×
3
×
4
×
5
×
6
×
7
×
8
×
9
×
10
×
11
×
12
×
13
×
14
×
15
×
16
×
17
×
18
×
19
×
20
×
21
×
22
×
23
×
24
×
25
×
26
×
27
×
28
×
29
×
30
×
   
2021年8月

カテゴリー

無料メールマガジン購読